何年もひどい肩凝りに悩まされています | 整体.COM
HOME > 教えて掲示板 > 何年もひどい肩凝りに悩まされています

整体登録数

4251 件掲載中
2017/08/18 23:38現在

北海道・東北

北陸

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄



更新情報

兵庫県加古川市の整体

コリトリ整体さんを掲載しました。

岐阜県岐阜市の整体

岐阜県岐阜市の整体、整体院きいさんの登録写真 整体院きいさんを掲載しました。

埼玉県上尾市の整体

埼玉県上尾市の整体、本谷QO整体院さんの登録写真 本谷QO整体院さんを掲載しました。

兵庫県西宮市の整体

れんげ鍼灸整体院さんを掲載しました。
更新情報

整体 モバイル
整体
モバイル版


質問

何年もひどい肩凝りに悩まされています
困り度: ★★★★☆
教えてNo.919 質問者:めろんぱん
都道府県名:埼玉県
20代後半 ・女性
投稿日時:
2017-06-09 17:27:18

仕事が事務で

長時間のPCやデスクワークの為

肩が凝り易い環境だと思います。



20代前半から肩凝りに悩んでいました。

最近は首にまで痛みが広がっています。

特に右肩がひどく、肩を動かすと肩甲骨や首筋に痛みが走ります。

肩凝りに効くと言われるものは一通り試してきましたが

解消されていません。

(マッサージやストレッチ、湿布はもちろん、磁力や円皮鍼、ストレッチポール等まだまだあります)



職場では朝ラジオ体操がありのですが、腕を上げる動作の時、私だけあがっていません。

肩の痛みでです。すごくつらいです。



この肩凝りは一体どうすれば解消されるのでしょうか?

また姿勢が悪いことが原因で肩がゆがんでしまい痛みを発生させているのでしょうか?

姿勢を正そうと思ってもいつのまにか元通りに

なっているので何かコツなどもあれば是非とも教えて頂きたいです。

よろしくお願い致します。


回答



この質問は締め切られました。
ご回答いただいた専門家の皆さま、
ありがとうございました。


回答No:1
投稿日時:2017-06-09 18:00:58
回答者: こうの治療院(神奈川県) 
自信度: ★★★★★

すべて骨盤の歪みから来ていると思います
一度本当の骨盤調整を受けてみてください
違いがわかると思います
問い合せて頂ければ住まいの近くにある施術所をご紹介します。

参考になった:0件

回答No:2
投稿日時:2017-06-09 18:43:05
回答者: かわむら整体院(長崎県) 
自信度: ★★★☆☆

こんにちは。
長年の肩こりでお悩みとのこと。 おつらいと思います。

ご諮問者さまはいろいろな努力をされてこられたようですね。
それでもなかなk効果的なものが見つからなからず、
腕が上がりにくくなっているようですね。


はじめにオススメの解決策を紹介するので
試したみてください。

1)肘を曲げて、肩を中心にして、鎖骨と肋骨が動くように回す
2)体をゆっくりと左右にひねる(背骨の関節が動くように片側30秒呼吸を止めずにひねる)
3)首をゆっくりと左右にひねる

この体操は、肩こりだけでなく姿勢改善にも役立ちます。


次に、肩こりの原因について説明します。

ご質問者さまのご想像の通り、
一番の原因は姿勢の悪化です。

それが積み重なると、肋骨と背骨の関節面の動きが悪くなります。

これらの関節の動きが悪くなると筋肉が硬くなります。
このとき、筋肉を揉んだり無理に引き延ばすと、筋肉に傷ができて余計に硬くなります。

姿勢の悪化はまた、猫背になってきます。
これにより、鎖骨と首の骨の関節の動きが悪くなります。
関節の動きが悪くなると、その周りの筋肉が硬くなります。


これらを総合すると、結果として肩の筋肉が硬くなり、
それでも無理をすると肩の関節を痛めつけ
腕が上がらなくなります。

解決策は上記の通りです。

お大事にされて下さいね。

参考になった:0件

回答No:3
投稿日時:2017-06-09 18:43:27
回答者: からだメンテナンス・エムズ(山形県) 
自信度: ★★★★★

こんにちは。

デスクワーク、PC
仕事環境も有ると思いますが、
皆さんが酷い肩こりに悩んでいるわけではありません。

土台の部分から整える必要が有ると思います。
こちらをご参考下さい。
http://www.ashiuratengoku.co.jp/000site/kubinoitami/

セルフケアとしては、パソコン作業をする前や間に、
へそ を見る。
です。

下向きで、へそを見る姿勢をとると、デスクワークやスマホ首が楽になります。

参考になった:0件

回答No:4
投稿日時:2017-06-09 18:50:01
回答者: 井上整骨院針灸院カイロ整体(島根県) 
自信度: ★★★☆☆

整骨院針灸院カイロプラクティック整体をしています。

結論は、

①背骨骨盤のズレを矯正するカイロプラクティックを受けて下さい。

②枕をアメリカ製の低反発に代えて下さい。

③悪い姿勢をとる習慣を変える。

当院なら、①カイロプラクティック、②操体法、③微弱電流治療、④針灸等

をします。

私自身も、肩こり、むちうち症2回、乗り物酔いがありましたが、治療して

無くなりました。



参考になった:0件

回答No:5
投稿日時:2017-06-09 19:03:40
回答者: 東洋医学とも整体室(東京都) 
自信度: ★★★★★

マッサージや体操に目が行きがちですが、5分、10分でもできるだけ歩く時間を作りましょう。そして、甘いものを控えたり、体を冷やさないようにすれば改善できます。姿勢が悪いのは、内臓が弱っている証拠です。そのままにしておくと病気につながります。

参考になった:0件

回答No:6
投稿日時:2017-06-09 19:07:07
回答者: 東洋医学とも整体室(東京都) 
自信度: ★★★★★

マッサージや体操に目が行きがちですが、5分、10分でもできるだけ歩く時間を作りましょう。そして、甘いものを控えたり、体を冷やさないようにすれば改善できます。姿勢が悪いのは、内臓が弱っている証拠です。もちろん内臓が弱っていると肩にゆがみがでます。そのままにしておくと病気につながります。

参考になった:0件

回答No:7
投稿日時:2017-06-10 07:58:38
回答者: 上尾市北京ソフト整体(埼玉県) 
自信度: ★★★★★


肩が凝り易い環境ではなく あなたの症状が肩こりではない炎症を起こしているからです。(同じ環境でほかの同僚は健康な人がいるでしょう)その病気(症状)をなおさなければなりません。体操やマッサージやストレッチ、湿布はもちろん、磁力や円皮鍼、ストレッチポール等はあとのことです。日本のほとんどは論理ばかりのりらく主な施術です。だからあなたような病気になっているひとならマッサージが通じません。私はほかのところの悪口ではなく事実を言いました。自分のところも改善できなかった、失敗した経験があったからです。(何年前にりらくの施術でやったとき)自分の体で、症状の改善でどこにいっても判断してください。

参考になった:0件

回答No:8
投稿日時:2017-06-10 10:09:28
回答者: 東海カイロオステ院(愛知県) 
自信度: ★★★★★

肩こりには原因があります。

>(マッサージやストレッチ、湿布はもちろん、磁力や円皮鍼、
> ストレッチポール等まだまだあります)

すべて対処療法なので、楽になっても治る事はありません。

肩こりの原因を無くせば治ります。

肩こりの原因は、首の骨の歪みとストレートネックです。
首の骨を矯正して、正しい姿勢で歩く事で改善しています。

http://chirooste.com/article/detail.php/190/310499
http://chirooste.com/article/detail.php/190/332123

参考になった:1件

回答No:9
投稿日時:2017-06-10 10:42:25
回答者: 自然良能(新潟県) 
自信度: ★★★☆☆

上半身を使う為には、
足の筋肉の支えが必要になります。

足の筋肉の力を強く保ちながら、
上半身の余計な筋肉の力を取り除く必要があります。

また、ラジオ体操は、
左右の筋肉を同じ様に動かす為、
背骨の一部に負担を掛ける事になります。

日常の動きの積み重ねが、
現在の症状を引き起こしています。
特に大切な事は、
手と足の使い方になります。

例えば、
パソコンのマウス、
出来れば、タッチパッドを使い、
左の手は、人差し指から小指までと、
右は、親指だけを使い操作をする様にします。

そうすると、
左の腕には、伸ばす筋肉が、
右の腕には、曲げる筋肉が働く様になります。

さらに、
左足には曲げる筋肉が、
右足には伸ばす筋肉が働く様になり、
頭は、軽く左を動きをする様になります。

これが、体の歪みを治す、
無意識の働きになります。

椅子に掛けて行う、
手と足の動かし方があります。

https://www.youtube.com/watch?v=GjtMLQeYlqI&feature=youtu.be



参考になった:0件

回答No:10
投稿日時:2017-06-10 13:39:52
回答者: 新しい整体院(山口県) 
自信度: ★★★★★

肩こりといえど日常生活においては支障となる症状です。そこで別の観点からアドバイスさせて頂きます。PC業務において負担をかけている部位は腕です。上腕部にある筋肉は肩甲骨に付きます。また手首を動かす筋肉は前腕だけでなく上腕にも付いています。是非腕全体のマッサージを受けてみてください。
次に広背筋という筋肉があります。仙骨にある筋膜から腕に付いています。ですからデスクワーク時に骨盤の後傾といって尾てい骨を座面に付けて座ると腕を下に引っ張る動作となります。その結果腕を介して肩甲骨の動きが悪くなります。腕を上げる動作が難しい場合は広背筋を考える必要性があります。背もたれによりかからず姿勢を前に少し傾けたりして座面と尾てい骨が付かないようにして座骨結節を付けて座ってください。座骨結節はインターネットでも調べられます。そしてあぐら・体育座りを決してしないで下さい。畳などに座る時は正座用のいすなどで座ると良いでしょう。
次に施術を受ける部位を腰・尻・下肢にまで広げてみて下さい。また腕のマッサージは難しいのでソフトな感覚で施術して下さる先生を見つけて受けて下さい。顎関節症も肩こりの原因となり得るので口腔外科などで調べてみて下さい。

参考になった:0件

回答No:11
投稿日時:2017-06-10 17:54:46
回答者: 自然療法整体療術院ときわ台健康堂(東京都) 
自信度: ★★★☆☆

参考治験例 : ジストニア編
 http://www.geocities.jp/hsclinc39/jisutonia/jisutonia.html
自然療法整体療術院ときわ台健康堂 院長抄明

参考になった:0件

回答No:12
投稿日時:2017-06-11 17:11:34
回答者: 整体室やさしが(東京都) 
自信度: ★★★★★

推測通り、長時間のPCワークが要因で間違いないでしょう。
筋肉は使い過ぎでも疲弊しますが、使わな過ぎでも凝り固まってしまいます。

それが長年っと言う事になると慢性化し、更に重症化してゆきます。
因みにストレッチして「心地よい筋肉の伸び感」を得られますか?
「腕を上げても・・・上がらない」っと言う事は肩甲骨も可動していない状態です。
首肩のみならず肩甲骨・背中一面の筋肉が固くなり、胸・背中周辺の関節も固まっていると推測致します。
そうなると残念ながらストレッチなどのセルフメンテの範疇を超えております。

まず最初に治療院などで改善する方向で考えられたら如何でしょうか?
セルフメンテの方法は、その次の段階だと思います。

お仕事上、これをやったからスパッと解決・・・とはならないと思います。
考え方を切り替えて、第一段階として上手く付き合ってゆく方法を探してみては如何でしょうか?
その先に根本改善が見えてくるかもしれません。

その方法を一緒に考えてくれる治療院さんに巡り合えることをお祈りしています。
お大事に!

参考になった:0件

回答No:13
投稿日時:2017-06-11 21:21:24
回答者: 東洋式整体 すずらん療術院(東京都) 
自信度: ★★★★★

長い間の痛みにお辛いことと存じます。

あなたの身体の場合は
筋膜の硬さに偏りが生じているとともに
ところどころに凝りがはびこっているために起きているものと思います。
これを解決できる整体の技術を施せば、早ければ一回で
腕が挙がるようになると思います。

ところが、マッサージや巷にあるものの中でも
なかなかその筋膜や深層筋におよんだ施術が出来ないところも
あろうかと思います。

自己ケアで考えるにしても
筋膜リリース(筋膜マニピュレーション)や
筋肉調整をしかりとしているところで
施術を受けられるといいと思います。

数回受けられるとおよそのところでも
身体に対する理解も深まることもあるでしょうし
それを自己ケアに応用させることも
できるかもしれません。

もちろん、自己ケアは難しいと思いますので
とりあえず、相談から始めるにしても
整体を頼られることをおすすめいたします。

参考になった:0件

回答No:14
投稿日時:2017-06-12 13:10:18
回答者: 石川整体塾(大阪府) 
自信度: ★★★☆☆

お答えします。質問を読むとあなたのやさしさを感じます。しかし、弱さも感じます。辛いからでしょうが健康グッズをいろいろ試されていますが改善できていないようですね。健康になるには生活習慣を見直す必要があります。安易な解決法を求めるとこれまでと同じ結果になるでしょう。施術もあなたが変わらなければ全て一時的なものと私は思います。健康になるには善い目標、プラス思考。規律正しい生活(食事、運動、睡眠など)を見直さないとこれからの人生はっずっと健康で悩まされると思います。少しずつ変わろうとすることが大切でしょう。

参考になった:0件



当サイトへの無料登録はこちらからどうぞ


世界WEB標準の証明

Valid HTML 4.01 Transitional

Valid CSS

当サイトは、W3C勧告に従った正しい文書構成で制作されていることが証明され、上記バナーの使用許可を得ています。