中腰の作業で腰痛 | 整体.COM
HOME > 教えて掲示板 > 中腰の作業で腰痛

整体登録数

4270 件掲載中
2017/10/22 21:04現在

北海道・東北

北陸

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄



更新情報

福島県郡山市の整体

福島県郡山市の整体、たすくキュアルームさんの登録写真 たすくキュアルームさんを掲載しました。

福島県須賀川市の整体

福島県須賀川市の整体、須賀川整体院さんの登録写真 須賀川整体院さんを掲載しました。

新潟県新潟市の整体

新潟県新潟市の整体、整体しん楽さんの登録写真 整体しん楽さんを掲載しました。

山形県南陽市の整体

山形県南陽市の整体、KANEDA鍼灸マッサージさんの登録写真 KANEDA鍼灸マッサージさんを掲載しました。

福岡県北九州市の整体

ひびきのカイロプラクティックさんを掲載しました。
更新情報

整体 モバイル
整体
モバイル版


質問

中腰の作業で腰痛
困り度: ★★★★★
教えてNo.890 質問者:ミンチ肉
都道府県名:山梨県
40代前半 ・女性
投稿日時:
2017-04-06 18:08:47

山梨県のスーパーに勤めています。表ではなく、裏での作業をメインにフルタイムで働いています。

一日中、作業台で作業をするのですが、作業台の高さに合わせると中腰で働かなければなりません。中腰で働く時間が、ほとんどを占めています。

時々、腰が酷く痛みしんどく感じることがあります。

作業中も気が付いた時には腰を伸ばすようにするのですが、もともと猫背のせいもあり、気づくと中腰で前屈みになっています。

時々家族にマッサージをしてもらったりすると、腰が軽くなり一時的にはよくなるのですが、だんだん辛くなる頻度が増えてきました。

腰が痛いと言っている仲間は多いので、中腰作業が原因だと思うのですが、この腰痛を一時的ではなく治す方法はあるのでしょうか?

このままだと腰を壊してしまいそうで、とても怖いです。


回答



この質問は締め切られました。
ご回答いただいた専門家の皆さま、
ありがとうございました。


回答No:1
投稿日時:2017-04-06 18:19:20
回答者: 東洋式整体 すずらん療術院(東京都) 
自信度: ★★★☆☆

作業を続けられている以上
継続的にケアしなければ
腰痛から解放さらないと思います。

治す...という状態が
仮に、何のケアも必要ではなくなり
何もしなくても長期間腰痛がでない程になった

と、定義しても
スーパーのバックヤードでの作業が続く限り
継続的にケアしなければ
腰痛は治らないものと思います。

ただし、
継続的にケアしていくことで
長期的にみても
腰痛から解放されていくだけでなく
状態が悪化するのを未然に防げると
思われます。
将来的に起こりうる症状を
継続的にケアしていくことで
防いでいかれることが
大事と思います。



参考になった:0件

回答No:2
投稿日時:2017-04-06 19:01:00
回答者: 自然療法整体療術院ときわ台健康堂(東京都) 
自信度: ★★★☆☆

職場の労働環境を整える必要があります。現場責任者に伝えて、更に、オーナーさんの了解を得て、職場改善の必要があります。雇われ労働者は職場では背筋を伸ばす。家ではお風呂で疲れを癒すなどでセルフケアが追い付かない場合、職場を変えるしかありません。あなたの場合は職場を替える方が良いと私は思います。
           自然療法整体療術院ときわ台健康堂 院長抄明

参考になった:0件

回答No:3
投稿日時:2017-04-06 19:14:58
回答者: 整体屋OSAKANA(愛知県) 
自信度: ★★★★★

こんばんは。

中腰の作業で腰に負担をかけているのは明らかです。

おっしゃるように、一時的には整体やマッサージで楽になるけれど、仕事に戻れば同じになってしまいますね。

基本的には、腰周りの筋肉を鍛えて行くことです。

上体を支えているのは骨だけでなく、むしろ骨を覆うように集まる筋肉の働きによります。

上体の重量が腰一点に集中するわけですから、そういう作業に携わる以上、姿勢の改善だけでなく筋肉そのものを鍛えて行かれると良いでしょう。

1番簡単なのはスクワットです。

下半身全体を鍛えることが可能ですから、腰痛の改善にも役立ちます。


アスリートではないので、無理をしたり、必要以上に負荷をかける必要はありません。
簡単にご説明しますと、

◎ 肩幅に足を開いて、少し爪先を外に向けて立つ。
◎ 両腕は胸の前でクロス。
◎ お尻からゆっくり下ろし、かかとに体重が乗るように膝を曲げる。
◎ 太ももが水平位置になるくらいまで下げたら、再び膝を伸ばす。

ゆっくりやるほどキツいので、始めは回数を少な目にしてください。
慣れたら回数を増やして。
毎日でなくて結構です。

膝に痛みが出ないよう、観察しながら行いましょう。

当初は筋肉痛との戦いになりますが、痛みがなくなったらまた始めてくださいね。

どうぞお大事にしてください。

参考になった:0件

回答No:4
投稿日時:2017-04-07 01:34:03
回答者: 津島げんき整体院(愛知県) 
自信度: ★★★★★

こんにちは、津島げんき整体院の三輪と申します。

普通ですと、仕事をしたり運動をしたりして筋肉に疲労が溜まったとしても
一晩寝れば回復します。
無理をすれば、次の日に筋肉痛になったり痛みが出ることもありますが
1週間もすれば自然に回復します。

今回のケースですと、回復するペースよりも、疲労が蓄積するペースのほうが
早いためにドンドン体に無理がかかっている状態です。

筋肉は緊張を繰り返すと血行不良を引き起こします。
それを慢性的に繰り返すと老廃物やカルシウムが蓄積していき、
結果ガチガチに硬い筋肉になってしまいます。
これが、慢性痛の原因です。

マッサージを家族にしてもらっていると書いてありましたが、
力をこめてマッサージをするとその場では気持ちよく感じ、
スッキリしたような気がすると思いますが、逆に筋繊維をつぶしたり
毛細血管をつぶしてしまうことになり、余計に筋肉が硬くなる危険があります。

おそらく、辛くなる頻度が増えてきているということと関係があると思います。

硬く緊張している筋肉を柔らかくするには、マッサージや整体では一時的な効果しかありません。
温泉や運動、ストレッチでも表面の筋肉は柔らかくなりますが
深い筋肉までは難しいと思います。

元々猫背ということですが、おそらく映画館などで2~3時間ほど同じ姿勢で
座っているとお尻や腰が痛くなったり、
足を頻繁に組み替えたりするのではないでしょうか?
もし、こういうことに心当たりがあるなら、普通の人と比べて背骨が弱い体質かもしれません。
背骨の弱い人は、慢性腰痛、慢性肩こりがあり、ぎっくり腰になりやすく
ひどくなるとヘルニアやすべり症になりやすいのです。
背骨が弱いために、骨を守ろうと腰に筋肉が必要以上にがんばっているのですが、そこに中腰の作業がさらに負担になっているのでしょう。

では、どうすればよいのでしょうか?

1つの解決方法としては、坂戸孝志先生の著書で『9割の腰痛は自分で治せる』という本が出ております。
これに自分で出来る非常に効果的な方法が書かれています。

本来ですと職場を変えてもらうとか、仕事を変えるということが理想だとは思いますが、なかなか難しい選択だと思いますので
まずはご自信でケアをされてみてください。

参考になった:1件

回答No:5
投稿日時:2017-04-07 11:06:47
回答者: あき整体院(静岡県) 
自信度: ★★★★☆

私たちの身体は同じ形の継続、若しくは同じ動作の繰り返しで筋肉の部分緊張が起こり、痛みが増強していきます。寝ていて休んでいる時でさえ、寝返りが十分にうてない状態になっていると同じ姿勢の継続になってしまい「朝起きるときに痛い」となってしまいます。
毎日の作業で仕事だからしょうがないと思いながらもこれからの不安でお辛いと思います。少しでも対策になるようお答えしていきます。

> 作業中も気が付いた時には腰を伸ばすようにするのですが、
中学校での1単位の授業時間は50分です。この時間は理に適っていて集中力ということもあるのですが、姿勢維持もこれくらいが限界です。可能であれば1時間くらいの作業を行ったら屈伸運動や肩を回すなどの軽運動をします。 

>もともと猫背のせいもあり、気づくと中腰で前屈みになっています。
腰の痛みはいろんな部分の影響を受けて起こります。その中で意外と見落としがちなのは上半身の使い方からくる痛みです。作業台の高さが合っていないとも見受けられるので手首や肩に余分な力が入っていることも予想されます。
肩甲骨あたりをストレッチなどで緩めたり、脇腹を下につまむようにして柔らかくしていくと感じが変わってくる場合がります。当院のホームページにいくつか参考になる体操などを載せていますのでよろしければのぞいてみてください。

> 時々家族にマッサージをしてもらったりすると、腰が軽くなり一時的にはよくなるのですが、だんだん辛くなる頻度が増えてきました。
お家でそのようなことができるのは良いことですね。スキンシップにもなり素晴らしいと思います。マッサージにより血流がよくなり筋肉の緊張が和らぐことで変化が出てきます。いずれにせよ、職場ではやれることが限られておりますので、帰宅後に1日のリセットを行うという意味でストレッチなどをお勧めします。
前かがみになっているということは、基本的には背中から足にかけての裏面の筋肉は伸ばされている状態になりがちで、だからこそ縮もうという無意識の反応が起きています。そこで、長座で前曲げをしたり開脚で身体を前に倒したりして足の裏面や内腿が伸びていることを確認できるストレッチが有効です。身体をたくさん曲げることより、腰椎が立った状態の良い姿勢で行うことにより足の筋肉がよく伸びてきます。足の筋肉の緊張が解放されれば腰への影響が少なくなります。

>作業台で作業をするのですが、作業台の高さに合わせると中腰で働かなければなりません。中腰で働く時間が、ほとんどを占めています。
作業台の高さが調整できれば一つの解決策にはなると思うのですが…実は立ち方の工夫でも変えることができます。文章だけではお伝えしにくいですが、足の筋肉を立つということに対して使わないようにするのですが。言葉で言うと「骨で立つ」ということになります。足裏に感じる体重の中心位置がひざ下の骨である脛骨腓骨の中心線上に来るようにして立つとそれができます。

参考になった:0件

回答No:6
投稿日時:2017-04-07 13:52:04
回答者: 石川整体塾(大阪府) 
自信度: ★★★☆☆

お答えします。同じ姿勢で作業すると筋肉の動きが少なく血行が悪くなるので疲れやすくなるので大変ですね。作業内容に定期的に違う体の使い方ができるようになると良いでしょうが改善できるといいですうね。腰やお尻の筋肉を動かすと疲れがたまりにくくなると思います。運動は腿上げです。しっかり上げて反対側はかかとを上げるくらいに行ってください。仕事が終わったら仰向けに寝て古紙の下に物を置いて腰を反らすと良いでしょう。

参考になった:0件

回答No:7
投稿日時:2017-04-07 15:13:13
回答者: 井上整骨院針灸院カイロ整体(島根県) 
自信度: ★★★☆☆

整骨院針灸院カイロプラクティック整体をしています。

根本的な改善は

①カイロプラクティック=背骨骨盤矯正を受けて下さい。

②筋力トレーニングをして下さい。カイロの先生に聞いて下さい。

③生活改善~枕=寝返りがしやすい。マットレス❌はダメ、姿勢を直す=肩

関節をひくように

色々と、カイロの先生に聞いて下さい。



当院では、カイロプラクティック=背骨骨盤矯正、整体、針灸、吸玉、微弱

電流治療、軸調整、筋膜調整、関節調整、他をしています。


参考になった:0件

回答No:8
投稿日時:2017-04-08 11:50:28
回答者: 東海カイロオステ院(愛知県) 
自信度: ★★★☆☆

ご本人が認知されてるように、作業代の高さに合わせての姿勢が問題ですね。

中腰にならなくて作業が出来るように、台の高さを調節するのがベストですね。

参考になった:0件



当サイトへの無料登録はこちらからどうぞ


世界WEB標準の証明

Valid HTML 4.01 Transitional

Valid CSS

当サイトは、W3C勧告に従った正しい文書構成で制作されていることが証明され、上記バナーの使用許可を得ています。